渋谷の専門医で受けるインプラント治療

渋谷には多くのインプラント専門歯科があります。インプラントというのは、従来の入れ歯やブリッジに代わる歯を失くしてしまった後の治療です。
入れ歯やブリッジとの大きな違いは、他の歯への影響や負担がなく、1本ずつ治療ができることです。
また、噛む力が天然の歯と同じように顎の骨に伝わるので快適で、第2の永久歯とも呼ばれている治療です。


それは、インプラント治療ではチタンに代表される生体親和性の高い素材の人工歯根を顎の骨に手術で埋め、そこを土台にセラミックなどの人工の歯を植立するからです。


人工歯根が顎の歯に直に付いているので、食べ物を噛んだ時の力が天然歯に近い状態で骨に伝わり快適な噛み心地が得られます。手術を伴う治療なので、インプラントでは事前の検査には高い精密度が求められます。
渋谷の専門歯科では、オペ前の検査には歯科用CTを導入しています。
CTは今までのレントゲンよりもさらに被ばく量か抑えられた安心な検査で、口腔内を立体的に撮影できるのが特徴です。

新しいwikipediaに関する情報を公開しているサイトです。

この立体的な画像により、治療をする部分だけではなく隣の歯の神経との位置関係や、顎の骨の密度や量なども正確に把握できます。

顎の骨の状態は人工歯根を埋め込む手術の予後に大きく関わりますので、CTを使った事前の検査で安全・確実な治療ができます。



渋谷のインプラント専門歯科では、顎の骨の状態によっては自己採血による骨造成治療を行った上で手術をしています。



人工歯根を埋め込む手術の後は、個人差はありますが3か月前後の期間、歯根と骨がしっかり結合するまで経過観察をしています。